ひつじの公園~山添村:めえめえ牧場へようこそ!

めえめえ牧場(まきば)は奈良県山添村の県立自然公園:フォレストパーク神野山にある、ひつじの牧場です。
ひつじが約50頭のんびりと草を食べてます。毛刈りや、羊せんべいの餌やり体験もできます。

めえめえ牧場:奈良県山辺郡山添村伏拝880 -1
休園日:毎週水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌日) 開園時間 9:30~16:30
問い合せ、申し込み ☎0743-87-0825 mail:info@meemeemakiba.com
フォレストパーク神野山
http://fpkonoyama.blogspot.jp/

2013年11月19日火曜日

雪?



 朝、牧場へ向かう道の端がなんとなく白い。
 霜のような、羽毛のような、うっすらとした雪が積もっていました。
 この冬初めての雪です。まだ秋だと思っていたのですが、今年の冬はいつもより早く
訪れました。相変わらずまだ秋だと思っているのは、雪の上でも平気で昼寝をしている、
ひつじ達だけのようです。

2013年11月15日金曜日

頭突き

 羊は頭突きをします。
 産まれてすぐに、母親のおっぱいを飲む時、乳房に頭突きをします。
 仲間と戯れるようになると、今度は仲間同士で頭突きをします。
 仲間がいない時は、木や戸に頭を擦りつけながら、頭突きをします。
 成羊になると、雌は雌同士で頭突きをする時がありますが、問題は雄。
 雄同士はもちろん、世話をしている飼育員など、人にも頭突きをしてきます。
 頭突きをする理由は様々。機嫌の悪い時、うれしい時、威嚇する時・・・。
 
 大きな羊の頭突きは、不意にされるとシャレにならないので、雄羊の世話をされる方は、
常に背後に気を配りましょう。
 現在、めえめえ牧場の雄羊は13頭。ここで働くと、背後に気を配る達人になれそうです。
飼い主が、頭突きが手に負えないので、牧場で引きとる事になった、太陽くん。
飼育員も頭が痛い・・・。
 

2013年11月11日月曜日

枯れ葉

 夏の強い日差しから木陰をつくって、いこいの場にしてくれたケヤキの葉も、今は役目を終えて
はらはらと散っています。
 朝のお掃除で、山のように積もる枯れ落ち葉をみると、赤、茶、黄色となかなか鮮やか。
 そういえば、自動車に張る若葉マークならぬ〇れ葉マークは不評でしたが、あのマークも
無数に張れば、鮮やかかも…。
毎朝、掃いても掃いても地面いっぱいに広がる落ち葉。
見上げればまだまだその予備軍が・・・

2013年11月2日土曜日

おこぼれの秋

 神野山は徐々に紅色の染まり始め、秋の景色になりました。
 稲刈りから始まる本格的な秋の収穫。牧場も実りの秋のおこぼれ(稲わらやサツマイモのつる)の回収に忙しくなります。
 おこぼれといっても、米粒や芋コロに比べて、明らかに量の多いワラやつるをみると、どっちが
おこぼれなんだか・・・。
 農家では、この芋のつるの処分に困っている方が多く、我々が回収に伺うととても感謝されます。ちなみに牧場で処分に困っている羊のたい肥を、農家の方々が畑の肥料として回収に来てくれるので、こちらもとても助かっています。
天日干しで乾いた芋のつるは、羊たちの好物です。