ひつじの公園~山添村:めえめえ牧場へようこそ!

めえめえ牧場は奈良県立自然公園フォレストパーク神野山にあるひつじの牧場です。
ひつじの毛刈りや、餌やり:オリジナル羊せんべい(準備中)など、体験できます。

めえめえ牧場:奈良県山辺郡山添村伏拝880
休園日:毎週水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌日)
開園時間 9:30~16:30 問い合せ、申し込み 0743-86-0131

2016年11月30日水曜日

調査終了

 先月より、県道沿いの斜面で行われていた放牧調査は、
先週無事に終了し、2頭の羊たちは牧場に帰ってきました。
 今回の羊たちは春から夏の終わりまで、それぞれ別々の所に
貸出されていたので、今回の出張を含めると、一年のほとんどを
牧場以外で過ごした事になります。
 いわゆる羊の帰国子女ということでしょうか。
手前が羊の放牧地、柵の向こうが従来の斜面。
お疲れ様、というかごちそう様でした。

 

2016年11月20日日曜日

看板

 大阪のデザイン学校の皆さんが、羊たちの貸出先に置く案内看板と、
輸送用トラックに取付ける化粧板を作ってくれました。
 ほのぼのとしたのどかな牧場の雰囲気が、そのまま絵になった
素敵な看板です。
 先日、今井町に行っていた羊を回収する際に、さっそく利用させて頂きました。
 どうもありがとうございます。
 これからは看板を背負って走る事になるので、気を引き締めねば・・・。
県道沿いで時々開かれるサイン会会場に招かれぬよう
安全運転に努めたいと思います。

2016年11月13日日曜日

小春日和

 この週末は、気持ちの良い一日に恵まれました。
 牧場のモミジは赤く染まり、朝露に輝く山肌の木々がとてもきれいです。
 牧場まで来られない方のために、紅葉したモミジの写真を撮りましたが、
ジャマが入り上手く撮れませんでした。あしからず。


2016年11月3日木曜日

文化の日


 今日は快晴ですが、風があるのですこし寒く感じます。
 ただ、羊にはちょうど良いようで、落ち葉を拾い食いしながら
くつろいでいます。
 気がつけば、あれだけ賑やかに鳴いていたセミたちは、
いつの間にかいなくなり、山の色も緑一色ではなくなりました。
 放牧柵に干しているさつま芋のツルも食べ頃になり、これからしばらくは
朝ごはんの定番メニューになります。

2016年10月25日火曜日

試み

 先日から、とある県道の一部で、羊による除草実験を行っています。
 どの草を食べ、残し、どのように移動し、どの場所を好み、嫌うのかを
細かく調査して記録するものです。
どことは言えませんが、柵に写真のような看板が立ててあります。
 周辺の特徴は、山と田んぼに囲まれた、のどかな一本道が
目印です。(奈良でそんなこと言われても・・。)
 昨日、様子を見にいったところ、2頭とも元気に草を食んでいました。
草食べ放題。制限時間は一ヶ月です。

2016年10月19日水曜日

再利用

 牧場の休憩所にある白い椅子は、劣化が進んで最近では
台風などで吹き飛ばされただけで、ヒビが入ります。(当たり前か)
 手すりや背もたれが割れると危険なので、今まで廃棄していましたが、
使える部分を残して、ひと回り小さい椅子を作りました。といっても、
休憩所で使用するための椅子ではありません。
 そう!羊を飼っている人なら、年に一度だけ欲しくなる椅子です。
もうビールケースは必要ありません!
猫は迷わず丸太を選びました。

2016年10月13日木曜日

サツマイモのツル

 秋に入り、牧場のモミジが少しだけ色づいてきました。
 朝晩は少し冷えますが、羊にとってはこの位がちょうど良いようで、
牧場の中を気持ち良く走っています。
 この時期、飼育員はサツマイモのツルの回収のために、農家の畑を
まわります。回収した芋のツルを2週間ほど干して、葉が落ち始めると
食べ頃になり、ほのかに甘い香りがしてきます。
 美味しそうにツルを食べる羊たちを見ていると、こちらまで食べてみたく
なってきました。
回収すると時々ついてくる、うれしいオマケ。
回収の本当の理由はこれなのか・・・。